制作工程NO.11 COLNAGO Arabesque その1

c0174330_2057183.jpg
COLNAGO Arabesque(コルナゴ アラベスク)イタリア コルナゴ社 1980年代の貴重な綺麗な自転車です。
このロードレーサーには、金のエンブレムが多数貼付けられています。
今回は、剥がれた もしくは紛失したエンブレムの再生、リメイク、接着、彩色などの、ちょっと変わったお仕事です。
c0174330_211676.jpg
c0174330_21201910.jpg
シートステーのトップ

c0174330_21171510.jpg
クランクキャップ

c0174330_21165316.jpg
シフトレバー こんな接着では、取れるでしょう。半分も付いてません。エンブレムの裏もプレスで打ち抜いたままでした。

c0174330_21174661.jpg
接着面を整えました。フレームは、今再塗装中だそうです。

c0174330_21213316.jpg
オリジナルは、K24?との事ですが、色合いからも後々の強度からも、手持ちのK20を使いました。元のは、0.20ミリでしたが、余裕をみて0.27ミリでいきます。

c0174330_21223238.jpg
c0174330_21225032.jpg
予備も含めて、6枚重ねて接着し、切り、整えました。

c0174330_21232139.jpg
裏面は強く接着するように、荒らします。

c0174330_21234451.jpg
c0174330_2124582.jpg
表面は、鏡面に磨きます。

c0174330_22385343.jpg
c0174330_21262723.jpg
ベース面も荒らし、レバーも軽く磨きました。
c0174330_21264898.jpg
エポキシ接着剤で接着、整えた後、エンブレムの周囲やロゴにカシュー漆を挿しました(まだ奥の方だけ)。直接触れない部分には、とても強く綺麗な塗料(樹脂)です。

c0174330_21271333.jpg
裏のロゴと溝にも塗ります(まだ手前だけ)。元々墨入れしてあったようです。渋いです。

またフレームの塗装が上がれば、こちらに来る予定ですので、その時にあらためて紹介します。
こちらからの仕事です。ビンテージなら是非こちらへ。ビンテージ自転車屋エクスバイシクル 

私自身も1970年代のチネリのロードレーサーを持っていて、レストアした関係から、この仕事が来ました。お金が無い時、何度も何度も手放そうと思いましたが、売ってたら来なかった仕事ですね。チネリもそのうち、写真載せます。
つづく
by kitasan08 | 2012-10-02 22:45 | ジュエリー(本職) | Comments(1)
Commented by おやぢ at 2012-10-02 23:47 x
私のメルシェも。。。